だんだんパンがうまなる日記

パンを焼くたびに更新する日記です

基本のバゲットを忠実に焼いた

いままでモルトが見つからなかったので砂糖で代用してたのだが、最近富澤商店で見つけたのでこれの通りにやってみた。
f:id:wonodas:20170819214819j:plain

ちょっと黒いですな…やっぱりオーブントースターじゃ狭いので焼き過ぎになるのかもしれん。
でも中を見ると…
f:id:wonodas:20170819214940j:plain

ほわああ↑↑ 食べるとちゃんとバゲットの味だよ!!!皮が厚めなので、今回は三十分焼いたけど二十分ぐらいにするとちょうどよくなるかも

黒いちじくとチーズのさらだ

f:id:wonodas:20170627102204j:plain


主食になるサラダの会会員の斧田です(俺しかいねぇよ
このサラダは主食って感じではないのだが、めっちゃ美味しかったので書いちゃう

材料

作り方

  • いちじくを洗い、ヘタを切り落としたら、ヘタから十文字に切り目を入れる。軽く開く
  • いちじくをオーブン皿にならべ、メープルシロップ小さじ2をかける
  • 190℃であたためたオーブンで15分程度ローストする(メープルシロップが焦げる前に取り出す)
  • ヨーグルトは前日から水切りする。モッツァレラやナチュラルチーズの場合は手でちぎっておく
  • ビーリーフを皿に盛る
  • レモン汁、オリーブオイル、メープルシロップ(小さじ1)、塩コショウ、ハーブ類を混ぜてドレッシングを作る
  • いちじくがローストできたら裂け目を大きく開いてチーズと和え、皿に盛る
  • ドレッシングを掛ける

ローストしたナッツをかけると美味しいらしい。問題は小ぶりないちじくがなかなか手にはいらないことだよなあ…

よだれ鶏つくってみた

f:id:wonodas:20170514214303j:plain

buchineko-okawari.hatenablog.com
感化されて作ってみた。ただしうちには低温調理器具がないのでもも肉にしたのであった

材料:

  • もも肉 50gくらい
  • きゅうり 一本
  • ニンニク 二かけ
  • 生姜 ひとかけくらい
  • ごま油 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • 米酢 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 花椒パウダー 小さじ1
  • ラー油 大さじ1.5
  • 鷹の爪 1本
  • 料理酒 大さじ1
  • 鶏がらだしのもと -小小さじ1
  • 水 大さじ2

作り方

  • もも肉をフォークでグサグサ差したあと塩を軽く振り、皮が表になるように丸める
  • ぴったりとラップでつつみ、電子レンジ700Wで片側1分、ひっくり返してもう一分
  • 電子レンジで鶏肉に火を通している間に鍋に水をはり、沸騰する前に火を止めてフタをする
  • ポリエチレンの袋に鶏もも肉をラップにくるんだまま入れ、水が入らないように口をとめ、湯につける。この状態一時間くらいほっとく。気になるなら鍋はタオルなどで包んでおく
  • きゅうりは細切りにする
  • 残りのものを全部混ぜてフライパンで熱する(鷹の爪は種をすててちぎる)
  • きゅうりの上に切り分けた鶏肉を乗せ、タレをかけてできあがり

元々のよだれ鶏は茹で鶏を使えばいいらしいのでふつうに茹でてもいいのだが、旨味が逃げるのももったいないので先に中に火を通してから外側に火を通す方針。冷凍の場合は解凍せずにレンジで一気に火を通したほうがお肉プルプルだと思う。
おれは山椒苦手なので花椒がちょっと多かったのと、辛いのが得意なほうなので鷹の爪はもう一本あっても良かったかも。というか種を入れても良かったかも。

気温が上がってきたのでフランスパン焼いた

f:id:wonodas:20170507184511j:plain

さむいとやっぱりイーストの働き悪いからねぇ…

材料


作り方はいつもと同じ。違うのは砂糖多めにしたってとこかな。水の温度は最近安定して22度なのでちょうどいいくらいだと思うが、びっくりするくらいきれいに捏ね上げられた。しかも短時間で。最後にちょっと焦がしてしまったが、切ってもこれなんで十分でしょう!

f:id:wonodas:20170507184530j:plain

やほー成功したぜぇ

ブリオッシュを焼きました

f:id:wonodas:20161030211446j:plain
きょうはいちにちでかけない予定だったのでパンを焼いてみた。あんまり捏ねないけどちょっとこねるやつ、ということでやったことないブリオッシュ。
寒かったので一次発酵に時間がかかり結局六時間くらいかかったよ…

材料

  • 強力粉:100g (ほんとは中力粉らしい)
  • 砂糖:12g
  • 塩:2.4g
  • 卵:1個
  • イースト菌:1g
  • 牛乳:12g + 12g
  • バター:4g

材料から分かる通り油脂多めのケーキっぽい生地です。あとボソボソしやすい。水分少なめに感じるが、卵のせいで結構べたつく。

作り方

  • 強力粉、砂糖、塩、イースト菌をよく混ぜ合わせる
  • 牛乳12gに卵(全卵)を溶く
  • 粉類に牛乳と卵を混ぜたものを入れ、混ぜ合わせる。水分が行き渡ったら残りの12gも入れる
  • ボウルのなかでひとまとまりになる程度にこねてから台に取り出す。かなりべたつくが叩きつけるようにして5分程度こねる
  • ボウルに戻して30分ほど置く(リュスティックとかと同じで水分が勝手に生地をつなげてくれる
  • ふたたび台に取り出して10分程度こねる
  • 一次発酵
  • 1.5倍くらいまで膨らんだら取り出して4分割にする
  • 琺瑯容器にいれて二次発酵一時間程度
  • 形を整える程度に成形して200度のオーブンで18分焼く

f:id:wonodas:20161030211452j:plain
あほなのでクッキングペーパーを琺瑯容器の内側にしくのを忘れた。熱の伝導性が高いので底が厚めのパンに…でもそれ以外はとても良かった。鉄板で焼くより水分が飛ばないみたい。

f:id:wonodas:20161030211454j:plain

バター多めなので軽めのパン。繊維が縦長に伸びており売ってるパンみたい。やほー大成功だぜぇ!

豚バラブロックのロースト

f:id:wonodas:20161024211405j:plain
経過観察で病院行ったんですけど、パン捏ねられるかどうか聞いたんですよ。
ま、とーぜんのように「え?」って返事でした。ぎゅっぎゅって結構力かけるんですけどねって補足してみたら、「まだやめといたほうがいいんじゃない、大丈夫だと思うけど」という謎の言葉を…どっちやねん。


というわけで今日も今日とてローストです。この辺、肉がめっちゃ安いのでてんそんあがる。豚バラブロックが100g95円とか天国か!

材料

  • 豚バラブロックをスライスしたやつ:3切れ
  • ピーマン:1個
  • キャベツ:1/8個
  • ししとう:4本
  • プチトマト:2個
  • レモン:2切れ
  • ローズマリー
  • 塩:おおめ
  • 胡椒
  • マヨネーズ:大さじ1
  • 粒マスタード:大さじ1
  • ワイン

作り方

  • 豚肉をスライスして塩コショウでもみ、ワインをかけて10分くらい放置しておく

f:id:wonodas:20161024211422j:plain

  • キャベツを適当にちぎる
  • ピーマンを輪切りにする
  • ししとうとプチトマトは洗うだけ
  • レモンはスライスする
  • マヨネーズと粒マスタードを和える
  • 容器にキャベツをみっちりしく
  • その上にピーマンをみっちりしく
  • 豚肉は水気をよく拭き取ってピーマンの上に並べる
  • マスタードソースを肉の上にかける
  • 隙間にししとうとトマトを詰め込む
  • 上からローズマリーふりかけ、レモンを乗せる

f:id:wonodas:20161024211426j:plain

  • 200℃で30分くらいやく

キャベツはどうせしぼむので多すぎるくらい入れておいて良い。けども盛り付けを考えると全体が皿からはみ出ないようにすべきであった。
出来上がってみると黄色が足りないなぁ。。。パプリカ黄でも乗せればよかったか。ま、何はともあれ豚肉から出るエキスを野菜が全て吸ってめちゃくちゃうまい。

手羽中と野菜のロースト

パンを焼かない日はローストをしております。
f:id:wonodas:20161023204653j:plain

ローストは本当にかんたんだ。しかし盛り付けは難しい。

材料

  • 玉ねぎ:1/4個
  • パプリカ赤・黄:1/4個
  • ししとう:4本
  • レモン:二切れ
  • プチトマト:4個
  • じゃがいも:1個
  • 手羽中:四本
  • 胡椒
  • オールスパイス
  • タイム
  • バター:ひとかけ
  • オリーブオイル:ひとさじ
  • ワイン:大さじ1

作り方

  • 手羽中に塩コショウ他適当にスパイスをふりかけ、ワインとあえてしばらくおいておく
  • 玉ねぎはスライスする
  • パプリカは適当にくし切りもしくはみじん切りする
  • じゃがいもは芽をとり、一口大に切る
  • レモンを輪切りにする
  • トマト以外の野菜類を琺瑯容器に入れ、ひとつまみくらいの塩で軽く揉む
  • 真ん中に手羽中を置く
  • 適当にレモンを散らす
  • バターを乗せ、オリーブオイルを回しかける
  • 240℃で15分くらい焼く
  • 玉ねぎがしんなりしていたらトマトを投入し、さらに十分ほど焼く


基本的に待ってるだけでいいのでこの間に台所のシンクを洗ったり冷蔵庫ふいたり食洗機の掃除をしたりとかできるのでよい。
野菜類に特に味をつけないので、手羽中は味が濃い目になるようにしてもいいかも。マスタード塗ってみたりとか。
あともっとギュウギュウに詰め込まないとだめだな。